むしろ愛おしい!と彼女に笑い飛ばしてもらえる「黒歴史」9パターン

  • 【3】おしゃれに無頓着で、上京する前は母親が選んだ服を着ていた

    「純朴な少年だったのねえ…とほんわかした気分になった」(20代女性)というように、かつての「ダサい自分」が、むしろ愛すべき対象として見られるケースです。田舎のファッション事情をおもしろおかしく語るなど、いっそネタにしてしまいましょう。