「あけおめ!」メールのタイトル8パターン


カウントダウンのイベントと言えば、友人たちへの明けましておめでとうメール。年越し前から準備している方もいらっしゃるのではないでしょうか。たくさんのメールを受信する相手に、他のメールに埋もれることなく、しっかりと読んでもらうためには、タイトルの付け方が重要なポイントとなります。どのようなタイトルの付け方があるのでしょうか。そこで今回、「『あけおめ!』メールのタイトル8パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】「謹賀新年」

    お正月ならではの定型表現です。相手に「新年になったんだなー」と感じさせることができます。漢字を並べることで、平仮名よりもやや目立つタイトルとなるでしょう。

  • 【2】「今年もよろしくね+絵文字」

    お正月らしい「今年もよろしくね」というメッセージと絵文字を連携させるパターンです。絵文字の選択にセンスが問われることが特徴です。じっくりと絵文字を選び、女の子を引きつけましょう。

  • 【3】「ユースケです!」

    名前をタイトルにいれるパターンです。多数のメールを受信している女の子は、タイトルだけで相手を判別できないこともあります。タイトルにしっかりと名前を書くことで、自分の存在を存分にアピールできます。また、女の子からメールアドレスを消去されている可能性がある場合にも有効な手法と言えるでしょう。

  • 【4】「お寺にいるよ!」

    タイトルで、自分の居場所を告知して、女の子の関心を引きつけるパターンです。いつもとは異なる場所だった場合に特に有効でしょう。キレイな景色であれば、写真を添付しても良いでしょう。

  • 【5】「いまから初詣で!」

    自分の行動を告知するパターンです。「いまから寝る」という内容より、初詣でなどのイベントを具体的に記載することで、女の子の関心を引きつけ、返信をもらえる可能性が高まります。

  • 【6】「いま◯◯(テレビ番組)を見ているよ!」

    実家でテレビを見ているだろう女の子に有効なパターンです。相手も同じテレビ番組を見ていた場合には、妙な一体感を覚え、仲良くなるキッカケとなるかもしれません。

  • 【7】「ちょっと遅れましたが・・・」

    新年のカウントダウン直後はメールの配信制限がかかり、受信が遅れる場合に備えたタイトルです。ただし、スムーズに受信された場合、恥ずかしいことになるので、ちょっとした勇気が必要となります。

  • 【8】タイトル「お餅は・・・」、本文「10個食べました。」

    タイトルと本文を連携させるパターンです。女の子を引きつけるタイトルのコピーライト能力と本文と連携させる構成能力が求められます。直前の思いつきを期待せずに、前もって考えていた方が良いでしょう。

みなさんは、「あけおめメール」のタイトルに、何を選びますか?他にも、相手の心を引きつける素敵なタイトルがあると思います。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock