新年早々ガッカリ!と彼女を怒らせる初詣デートのNG行動9パターン


2人きりで行く「初詣」は、年の始めに彼女とのつながりを再確認するいい機会でしょう。しかし、そこで彼女を落胆させるようなことをやらかしてしまうと、「今年も先が思いやられる」と醒めた目で見られてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「新年早々ガッカリ!と彼女を怒らせる初詣デートのNG行動」をご紹介します。

  • 【1】「ごめん、今起きた」と新年早々遅刻する

    「なかなか来ないなと電話したら、なんとまだ家だった!」(20代女性)など、年の初めから約束の時間に遅れるようでは、彼女をないがしろにしていると思われても仕方がないようです。どんなに夜更かししたとしても、必ずアラームをかけて初詣には時間厳守で臨みましょう。

  • 【2】「昨夜は飲みすぎた…」と酒の臭いをプンプンさせて登場する

    「飲みたい気持ちはわかるけど限度ってものがあると思う」(20代女性)というように、めでたさに乗じてつい羽目を外して、ひんしゅくを買ってしまったケースです。お年始デートを控えているなら、お酒もほどほどにするくらいにしておきたいものです。

  • 【3】「なんでこんなに人がいるんだよ!」と混雑ぶりにイライラする

    「初詣で有名な神社なんだから、人が多くて当たり前なのに」(10代女性)など、どうしようもないことにキレるのも、彼女を呆れさせてしまうようです。むしろ人込みから彼女を守るくらいの心構えが求められると心得ましょう。

  • 【4】「並ぶの嫌だから」と参拝の列に割り込もうとする

    「これが自分の彼氏なのかと愕然としました」(20代女性)など、年の始めから彼氏のマナー違反を目にするのは、女性にとってダメージが大きいようです。列に並ぶのが嫌なら、参拝客の少ない穴場の神社を探しておく必要があるでしょう。

  • 【5】「さっさと歩けよ」と晴れ着姿の彼女を気遣うことなくスタスタ先に行く

    「慌てて追いかけたせいで、着崩れてしまった!」(20代女性)というように、せっかくおしゃれしてきてくれた彼女に配慮ができないのも、ポイントを下げてしまうようです。神社は砂利道などが歩きにくいことを考えて、丁寧にエスコートしてあげましょう。

  • 【6】「金額じゃない。気持ちだから」とお賽銭をケチる

    「ちらっと横目で見たら、なんと1円玉1枚でした!」(20代女性)など、1年間の息災を祈る場面で少しでも出費を抑えようとするようでは、彼女をガッカリさせてしまうようです。もし節約したければ、「君とのご縁を祈って」と5円玉を入れるぐらいの機転を効かせましょう。

  • 【7】「どうせ当たるわけないだろ」とおみくじを引きたがる彼女をバカにする

    「年に一度の楽しみなのに」(20代女性)というように、彼女の楽しい気分に水を差すのもご法度のようです。どうしても一言いいたいのであれば、「そういうの信じるタイプなんだ?」くらいにとどめておくと良いかもしれません。

  • 【8】「ラクして大金が手に入りますように」と身も蓋もないことをお願いする

    「『いい大人が年始に願うことだろうか』と頭を抱えた」(20代女性)など、願い事の中身で幻滅されるパターンです。実り多い年にするためにも、1年の始まりにふさわしいような意識の高い願い事を考えておきたいものです。

  • 【9】「なんかもう面倒になってきた」と参拝せずに帰ってしまう

    「もう二度とデートなんかするか!とイラッときた」(10代女性)というように、子どもっぽいわがままで彼女を振り回してしまうと、さすがに付き合いきれないと思われてしまうようです。年の始めなのですから、多少のことはこらえて、あらたまった気持ちで祈りをささげましょう。

「一年の計は元旦にあり」ならぬ「カップルの一年の計は初詣デートにあり」。ふたりで楽しい1年を過ごすために、彼女をがっかりさせない楽しいデートにしたいものです。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock