既製品の年賀状にちょい足しだけで距離が縮められるコメント9パターン


気になるあの子に年賀状を送ってアピールしたい!でも気合が入り過ぎるとドン引きされそうだし、そもそも年末は忙しいので手間をかける暇もなし…。そんなときは、既製品の年賀状に添えるひとことコメントのみで相手の気持ちを引いてみてはいかがでしょうか。そこで今回は10代から20代の女性に聞いたアンケートをもとに「既製品の年賀状にちょい足しだけで距離が縮められるコメント」をご紹介します。

  • 【1】「新年会やりましょう」と軽いお誘いを添える

    「新年会程度なら気楽に参加できるので、いきなりデートに誘われるよりはのっかりやすい」(20代女性)というように、新年会の開催を提案するパターンです。マンツーマンのイベントではないので、返事がなかったときに「新年会の件、どうですか?」とだめ押ししても変な雰囲気にはならないでしょう。

  • 【2】「またご一緒したいですね」と再会したい気持ちを込める

    「社交辞令かどうか判断が難しいけど、こっちも気になってたら悪い気はしない」(20代女性)というように、再会を期待していることを匂わすパターンです。普段接点がまったくないとそのままフェードアウトしそうなので、相手からの返信があれば、それをきっかけに連絡を取り合う仲に持ち込んでみてもよいでしょう。

  • 【3】「いつも癒されてます」とふんわり褒める

    「あれ、この人にとって私はそういう存在なの?と自覚する」(20代女性)というように、相手をやんわり褒めるパターンです。普段から軽口を叩きあう仲ならややシリアスに、真面目な関係ならややくだけた感じにと、少しだけギャップを加えると良いかもしれません。

  • 【4】「今年も頼りにしてます」と信頼感を漂わせる

    「いつもそんなに感謝を述べない人だったりすると驚きますね」(20代女性)というように、仕事上などにおける信頼の厚さを伝えるパターンです。会社で働く同僚や、学校でのサークルといった場で協力関係にある相手には響くコメントでしょう。

  • 【5】「お正月はいかがお過ごしですか?」と質問してみる

    「聞かれたら、なんだか返事しなくちゃいけない気分にはなりますね」(10代女性)というように、正月の過ごし方を聞いてしまうパターンです。ただし、忙しい人だと返事をくれない可能性が高いので、松の内に連絡がなかったとしても落ち込む必要はないかもしれません。

  • 【6】「お暇だったらLINEくださーい」と連絡先のIDを伝える

    「暇じゃなくても気になってる人ならLINEしますよね」(10代女性)というように、自分の連絡先を書いてしまうパターンです。相手からのリアクションが何もなければ「自分に興味ゼロ」とわかってしまうので、ある意味大きな賭けになるでしょう。

  • 【7】「10キロ絞ったボディを見せたいです」と興味を持ってもらえそうな情報をチラ見せする

    「長いこと会ってないと興味が湧きますね」(20代女性)というように、面白情報で釣ってしまうパターンです。LINEなどで返事が来たら「写真で見るより実物で見て驚いてほしい」などと会う約束を取り付けてしまうのも手でしょう。

  • 【8】「今年はもっとからみましょう」と積極性を見せる

    「よくわかんないけど、いっぱい遊びたいってことなのかなと」(10代女性)というように、今後は頻繁に会おうと申し出るパターンです。もし以前から話題にのぼっている趣味があればそれをダシにするのもよいでしょう。

  • 【9】「今年こそデートしようぜ!」とストレートに迫る

    「え、デート?ってなるけど、自分がフリーで年始に暇していると悪い気はしないかも」(20代女性)というように、直球で挑むパターンです。ただし、多少は事前にアプローチをしておく必要もあるので、年内に軽く気になるそぶりを見せておいたほうが良いかもしれません。

いずれにせよ、相手が年賀状やLINEでリアクションしやすかったり、返事がしたくなるような内容にするのが良いでしょう。(熊山 准)
Photo:All images by iStock