短くてもそっけないと思われずに済むLINEメッセージ9パターン


仕事や勉強で忙しいときは、彼女へのLINEメッセージをゆっくり書く時間などなかなか確保できないもの。とはいえ、あまりに味気ない内容を送ってしまうと、愛情を疑われるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「短くてもそっけないと思われずに済むLINEメッセージ」をご紹介します。

  • 【1】朝からエールを送る「今日もがんばろう」

    「出がけなのに、私を励まそうとしてくれるんだと思うと、うれしくなります」(20代女性)というように、朝一番に元気が出るメッセージを送れば、二人とも一日を爽やかにスタートできそうです。スタンプを添えて、画面を賑やかに演出したいところです。

  • 【2】デートが楽しみな気持ちがにじみ出る「早く週末になるといいな」

    「ウキウキしていることがスマホの画面から伝わってきた」(10代女性)など、少し先のデートの予定に触れることで、彼女を満足させるパターンです。余裕があれば、「何食べたいか考えておいて」と言い添えるのも良いでしょう。

  • 【3】声を聞きたい心情をこめた「あとで電話するね」

    「メッセージをやりとりするよりも、早く話したくなる」(20代女性)というように、電話で直接しゃべることを約束するのも、彼女への愛が伝わるようです。ただし、その日のうちに必ず電話しないと、次からは信用されなくなりそうなので注意しましょう。

  • 【4】思いをストレートに伝える「超会いたい」

    「『超会いたい。もうダメ』みたいなメッセージをもらったら、フニャフニャになっちゃいますー」(20代女性)など、単刀直入に好意をぶつければ、彼女を骨抜きにできるかもしれません。たった五文字ですが相当の威力があるので、ここぞという場面で使いましょう。

  • 【5】多忙なことが一瞬でわかる「落ち着くまでゴメン!」

    「むしろ、忙しい中、メッセージをくれる心づかいに感動しました」(20代女性)というように、取り込んでいる状況を率直に謝っておくのも得策です。そのうえで、少し時間ができたら忘れずに埋め合わせをしたいものです。

  • 【6】顔文字で笑顔を引き出す「( ^3^)ノ≡3≡3≡3」

    「なにこれーって、思わず笑っちゃうやつだとほっこりしますね」(10代女性)など、思い切って文章ではなく顔文字で勝負する手もあります。使い勝手の良い顔文字を何種類かスマホに保存しておきましょう。

  • 【7】何よりも感謝の心を表す「メッセージありがとう!」

    「そう言ってもらえただけで、気持ちが満ち足りると思います」(20代女性)というように、とりあえず彼女からのLINEにお礼を送っておくことで、間を持たせる作戦です。余裕ができたら、あとでフォローのメッセージを追加しても良いでしょう。

  • 【8】翌日に期待をつなげる「また明日ね」

    「ちょっぴり話し足りなくても、明日もまたLINEで話せるからいいかなと思えます」(20代女性)など、「続き」を予感させるフレーズを繰り出せば、その日の会話を穏便に打ち切ることができそうです。こう言ったからには、翌日、必ずこちらから連絡してあげたいところです。

  • 【9】一日の疲れを吹き飛ばす「おやすみ」

    「自然とこっちも『うん。おやすみ』と返す形になります」(20代女性)というように、やさしく一日を締めくくる言葉なら、彼女を心地よい眠りに誘うことができそうです。「いい夢見てね」と付け加えて、スマートにその日のやり取りを終わらせましょう。

彼女が長文を送ってきたとしても、こちらは一行程度を書くのがやっとというときもあるもの。短くても最大の効果が得られるメッセージを選びましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock