「無神経すぎ!」と彼女を激怒させるクリスマスプレゼント9パターン


クリスマスには、とっておきのプレゼントを贈って、大好きな彼女に喜んでもらいたいもの。しかし、品物選びを間違ってしまうと、「デリカシーに欠ける」と怒りを買ってしまう可能性があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『無神経すぎ!』と彼女を激怒させるクリスマスプレゼント」をご紹介します。

  • 【1】女の子はこういうのが好きでしょ…と「元カノにあげたのと同じアクセサリー」

    「同じものを贈るなんて、どうかしてる!」(10代女性)など、「女性の好みは知っている」とばかりに「元カノが喜んだプレゼント」と同じ品物を選ぶようでは、手を抜いていると思われても仕方ありません。特に、現カノにとって元カノとかぶるのは最も耐えがたいということを、肝に銘じましょう。

  • 【2】パッと見つけたから…と「どこでも買えるファストファッションの服」

    「ディナーもチェーン店に連れて行かれそうな気がする」(20代女性)など、あまりにお手軽な店で買い物するのも、大事にされていない感を醸し出してしまうようです。「モデルの○○が着てるのを見て、君にも似合うと思って」などと何かしらアピールポイントを伝えましょう。

  • 【3】すっごく感動するから!と「幼児向けの絵本」

    「絵本そのものは悪くないけど、大人の女性にそれだけって…」(20代女性)というように、プレゼントに「絵本」を選ぶのも微妙なようです。値の張るアクセサリーなどをメインとして、絵本はオマケ扱いにするほうが無難でしょう。

  • 【4】今度、着けてきて!と「思いっきり派手な下着」

    「いくら彼氏でも、ちょっと」(20代女性)など、見るからにいやらしい下着を贈られて反応に困った女性もいます。この手の品は、贈り物というよりむしろ彼女に対する要求になるので、クリスマスプレゼントとは区別したほうが良さそうです。

  • 【5】これ欲しがってたでしょ?と「質屋で手に入れた中古のバッグ」

    「どこの誰が使ってたのかわからないようなものですよ!」(20代女性)というように、新品でないものは、どんなに高価だったりレアだったりしても、ケチ臭いという印象を拭えないようです。少なくとも、クリスマスプレゼントには不向きでしょう。

  • 【6】小顔になりたいって言ってたよね?と「中高年女性に好評な美容ローラー」

    「私の顔がデカいから、コロコロしろと?」(20代女性)など、美容グッズを男性からプレゼントされると、今の自分を否定されていると感じる女性は少なくありません。どんな美容グッズでも地雷を踏みがちなので、本人にリクエストされない限り、選ぶべきではなさそうです。

  • 【7】ずっと前から用意してたんだよ!と「コンビニ予約のクリスマスケーキ」

    「食べるとなくなっちゃうものは、クリスマスプレゼント向きじゃないと思います」(10代女性)というように、クリスマスなのに「消え物」を用意してガッカリされるパターンです。たとえ有名パティスリーのケーキだとしても、喜ばれるとは限らないでしょう。

  • 【8】明日から頑張って!と「押しつけがましいダイエットグッズ」

    「なんだか課題を出されているみたいで嬉しくない」(10代女性)など、受け取った人の重荷になるようなタイプのプレゼントは、よほどうまくハマらない限り、はた迷惑にしか思われないようです。同様に、ハムスターやメダカなどのペットを贈るのも負担を掛けるでしょう。

  • 【9】一緒に楽しもう!と「どう使うんだかわからないような大人のオモチャ」

    「そんなにしたいのかと呆れました」(20代女性)というように、相手を喜ばせるよりもむしろ自分が悦ぶためのものを選ぶ姿勢は、自分勝手に映るようです。少なくともロマンティックではないので、クリスマスはやめておきましょう。

女性にとって、クリスマスプレゼントは愛する彼氏が自分だけのために用意してくれる特別なもの。真心が伝わるように、慎重な品選びを心がけましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock