意外に多数派?「クリスマスデートなんて面倒」な理由9パターン


クリスマスを重視する女性がいる一方で、カップルで過ごすことに否定的なタイプも確実に存在します。意中の女性が後者である可能性も十分あるので、的確なアプローチができるように、クリスマスに無関心な女性の心理を知っておくといいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「意外に多数派?『クリスマスデートなんて面倒』な理由」をご紹介します。

  • 【1】どこも混雑していて、無理に出掛けても楽しくないから

    「料金も高いし、その日にこだわる意味が分からない」(10代女性)というように、「合理的に考えたらクリスマスデートは損」と冷静に判断しているケースです。こうした考えの女性なら、むしろ季節感のないデートに誘うのが得策かもしれません。

  • 【2】家族で集まるのが正統だと考えており、カップルで過ごす風潮になじめないから

    「家族との約束を断ってまでデートしたくない」(10代女性)というように、家族との時間に重きを置いている女性もいます。ここは一旦引き下がって、「素敵な過ごし方だね」などと相手の価値観を支持し、好印象を残したいところです。

  • 【3】プランを練ったりプレゼントを用意したりするのが、正直おっくうだから

    「ズボラだから、考えただけで気が重くなる」(20代女性)というように、面倒くさがりの女性にとっては、クリスマスデートは荷が重いようです。自分が準備を一手に引き受けることにすれば、色よい返事をもらえる可能性もありそうです。

  • 【4】仕事の繁忙期で、クリスマスだからといって浮かれていられないから

    「お誘いは嬉しいけど、それどころじゃないというのが本音」(20代女性)というように、クリスマスが好きか嫌いかという以前に、仕事で休みが取れない場合もあります。この時季らしい華やかなお菓子を差し入れして、疲れを癒してあげましょう。

  • 【5】緊張しながらデートするより、気の合う友達とワイワイ楽しみたいから

    「誘ってくれた男子を、逆に『うちらのパーティに来なよ』と誘い返した」(10代女性)というように、賑やかなクリスマスが好きな女性もいます。友達がいたほうが早く仲良くなれることもあるので、大勢で集まるのも悪くないでしょう。

  • 【6】ほとんどのクリスマスデートはありきたりで、ワクワク感がないから

    「食事して、夜景を眺めて…。そういうのはもう飽きた(笑)」(20代女性)というように、型通りのデートに嫌気が差しているケースです。クリスマスへの期待は高そうなので、斬新なプランを打ち立てて興味を引けば、案外うまくいきそうです。

  • 【7】クリスマスにいい思い出がなく、とにかく無難にやり過ごしたいから

    「嫌な記憶が蘇るから、おとなしくしていたい」(20代女性)というように、クリスマスがトラウマになっていたら、気乗りしないのは当然かもしれません。ゆっくりと関係を育んで、来年こそは幸せなクリスマスにしてあげましょう。

  • 【8】わざわざクリスマスにデートするのは、ベタすぎてダサいと思っているから

    「周りと歩調を合わせてるだけで、ぜんぜんロマンチックじゃない」(20代女性)というように、「クリスマスデートは陳腐だ」とすら思われているようです。クリスマスではなく、相手の個人的な記念日に照準を合わせて誘ったほうが喜ばれそうです。

  • 【9】クリスマスムードに流されず、自然体でいることを大事にしたいから

    「特別なデートは、二人の気持ちが盛り上がったときにしたい」(20代女性)というように、「イベント事よりも、自分達のタイミングを大切にすべき」と考えているケースです。ましてやクリスマスに乗じて告白したりしたら、すげなく断られるのがオチなので、時機を待ちましょう。

「クリスマス否定派」の中にも、さまざまな意見があるようです。さりげなく理由を尋ねて、相手に合ったアプローチをしましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock