思わず「だから?」と言いたくなる高学歴男性の自慢話9パターン

  • 【5】「まともに受験勉強した覚えがない」と天才肌であることを示唆する

    「がんばって無名大の自分には、嫌みにしか聞こえなかった」(20代女性)というように、「自分が高学歴なのは当然」だと言わんばかりでは、高飛車に映ってしまうようです。むしろガリ勉エピソードを披露して「努力家」を演じたほうが、好感を持たれるかもしれません。