「おっさんの金髪」に隠された意外なメリット9パターン

  • 【7】とりえあえず「金髪の人」と顔を覚えてもらえる

    「見た目のインパクトがあると、名前は忘れても存在は記憶してもらえる」(20代男性)というように、金髪男性の「存在感」には、格別のものがあるようです。「あの金髪野郎」などと陰であだ名をつけられるかもしれませんが、それは有名税として甘んじて受け入れておきましょう。