最後まで優しく!彼女の気持ちに配慮した「別れ方」9パターン

  • 【9】「今日で最後」という日は、極力彼女の希望を尊重して決める

    「最終的な決断を自分でしたことで、二人で決めた別れだと納得できた」(20代女性)というように、さよならするタイミングを相手に委ねると、対等な関係のまま別の道を進めそうです。「彼氏に振られた」という悲観的な認識を持たせないことが大事でしょう。

自分のせいで彼女の明るさを損なってしまわないよう、最高の別れ方を模索しましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock