服装自由の職場でも「さすがにやりすぎ」のクールビズ9パターン

服装にこれといった規定がない職場では、夏になるとついついラフな格好をしがちなもの。とはいえ、会社はあくまで「仕事をする場」なので、常軌を逸するようでは、同僚女性から白い目で見られてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「服装自由の職場でも『さすがにやりすぎ』のクールビズ」をご紹介します。

  • 【1】歩くとペタペタ音がする「ビーチサンダル」

    「サンダル履きの人とはランチも一緒に行きたくない」(10代女性)というように、ビーチサンダルをはく男性を「恥ずかしいから社外に出すまい」と考える女性は多いようです。たとえ接客の一切ない仕事でも、同僚への最低限の礼節として「NG」と心得ましょう。