その手には乗りません!下心バレバレの「うち来る?」の口実9パターン


好きな女の子に自分の部屋に来てほしいというのは、多くの男子に共通する願望なのではないでしょうか。とはいえ、下心がミエミエの誘い文句では、ただただ警戒されてしまうので、慎重に口実を考える必要がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「その手には乗りません!下心バレバレの『うち来る?』の口実」をご紹介します。

  • 【1】「疲れたね。とりあえず休憩してく?」と目的をあいまいにする

    「家で何するの?って感じだし、ラブホテルの休憩みたいで嫌」(20代女性)というように、大人の女性を自宅に誘っても、「ホテルに行こう」と言っているのと同じと捉えられてしまうようです。また、やみくもに疲れたアピールをするのも、見え透いた嘘だと思われてしまうので得策ではないでしょう。

  • 【2】「一緒にDVDでも観ない?」と唐突に映画鑑賞に誘う

    「どう考えても、落ち着いて鑑賞させてもらえない気がする」(20代女性)というように、家で映画を観るという誘い文句は、ベタすぎて信用されようないようです。もちろん、好きな作品の話で盛り上がって一緒に観る流れになれば、純粋に鑑賞を楽しんで二人の距離を縮められるでしょう。

  • 【3】「コーヒーを飲みにこない?」と執拗にお茶を勧める

    「カフェで飲めばいいじゃん!と思います(笑)」(20代女性)というように、飲み物を口実に誘うのも、わかりやすすぎて即座に却下されてしまいそうです。ただし、デートが楽しすぎて話し足りないくらいの状況なら、普通に「ウチくる?」と聞くより、首を縦に振ってもらいやすいかもしれません。

  • 【4】「ウチで特製のカレーでも食べない?」と食事に呼ぶ

    「わざわざ家で食べようというのが怪しさ満点です」(20代女性)というように、食事を口実に部屋に誘って「裏があるのでは」と思われてしまうパターンです。警戒を解きたければ、大勢で鍋をつつくなど、みんなで集まるところからはじめてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】「ゲームしようよ」と家に上がらないとできない遊びを提案する

    「私はスマホゲームで十分なのに…」(20代女性)というように、据え置き型ゲーム機での遊びにこだわるのも、不自然に思われてしまうようです。女の子がかなりのゲーマーでない限り、「行く行く!」と快諾してもらうのは難しいでしょう。

  • 【6】「猫がいるけど見にくる?」とペットをダシにする

    「猫なら見に行きたいけど一人で行くのは嫌」(20代女性)というように、ペットをエサに部屋に呼び込もうとしても、思うようにはいかないようです。自分から強く誘うのではなく、女の子のほうから「どうしても見たい!」と言わせるような展開に持っていきましょう。

  • 【7】「今日は家に誰もいないんだ」と二人きりであることを強調する

    「そんな危険な家に行けるわけないじゃんって感じです(笑)」(10代女性)というように、家族の目を気にしなくてもいいとアピールして、むしろ逆効果になってしまうパターンです。完全に「何かする気だ」と思われるので、たとえ家族の不在が事実でも触れないほうがいいでしょう。

  • 【8】「もう終電もなくなっちゃったね」と電車がなくなるまでつき合わせる

    「最初から狙っていたんでしょ…とイラッときます」(20代女性)というように、相手が部屋に来ざるを得ないようにわざわざ仕向けると、卑怯者扱いされてしまいそうです。「続きは家で…」という流れに持ち込みたければ、それまでの段階で「もっと一緒にいたい」と思わせる努力が必要でしょう。

  • 【9】「宅飲みしよう!」とお酒の力を借りてなんとかしようとする

    「なんかもう必死すぎて引いてしまいます」(20代女性)というように、家での飲酒に誘って、身の危険を感じさせてしまうケースです。相手との距離感にもよりますが、宅飲みの提案は無用な警戒を招くだけだと覚えておきましょう

どんな口実で誘っても、下心は相手に伝わってしまうようです。女の子が「家に行ってみたい」と言うように上手に仕向けたほうがいいかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock