彼氏から聞いてドン引きした「マザコンエピソード」9パターン

恋愛において「自分の母親の話」は取扱注意の危険物。話のネタのひとつとして、なにげなく母親とのエピソードを披露したつもりでも、彼女から「こいつマザコンだ」と警戒されてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「彼氏から聞いてドン引きした『マザコンエピソード』」をご紹介します。

  • 【1】何を食べても「お母さんの手料理のほうが美味しい」と思っている

    「私の手料理もどう思われてるかわかったもんじゃない」(20代女性)というように、すぐに母親の手料理を引き合いに出すパターンです。人に打ち明けるときは「母親の味」を「おばあちゃんの味」にすり替えると、ガラリと印象が良くなるでしょう。