その後も良好な関係を維持できる「告白の断り方」9パターン

女性から告白されても、様々な理由で断らざるを得ないケースもあるでしょう。その後の関係を考えれば、ここで変なしこりを残すことなく、できれば「この人のことを好きになってよかった」と思ってもらえるような断り方をしておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「その後も良好な関係を維持できる『告白の断り方』」をご紹介します。

  • 【1】「僕にはもったいない」と真顔で謙遜する

    「真剣な表情で言うので、断られても嫌な気分にはならなかった」(20代女性)というように、相手を持ち上げることで丸く収めるパターンです。リップサービスする余裕があるなら、「君にふさわしい男になったら、こっちから告白するよ」などと加えてみてもいいでしょう。