大反省!今年女子を怒らせてしまった「失言」9パターン


悪気はなくても、うっかり口が滑って、他人を怒らせてしまうことは誰にでもあるもの。特に鈍感な自覚のある人は、先人の失敗例から女心を学んでおいたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「大反省!今年女子を怒らせてしまった『失言』」をご紹介します。

  • 【1】シミなのに「顔に何かついてるよ」

    「頬にゴミがついてると思ったら、シミでした」(20代男性)というように、優しさからの指摘が女性の逆鱗に触れてしまったケースです。そこまで目立つシミなら、昨日今日できたものではないはずなので、普段から女性の顔をよく観察することで予防しましょう。

  • 【2】せっかく作った手料理に「味がないね」

    「『正直な感想を聞かせて』と言われて、つい…」(20代男性)というように、時には真実が女性を傷つけることもあるようです。「おいしい」「すごい!」と褒め称えてから「僕にはちょっと薄味かも」と伝えれば、ショックも薄らぐのではないでしょうか。

  • 【3】久し振りに会って「ちょっと太った?」

    「男友達のようなノリで言って、大失敗」(20代男性)というように、ほんの軽口のつもりで言った一言が、女性を悲しませることもあるようです。特に体型については気にする女性が多いので、明らかな変化があっても言及しないほうが賢明かもしれません。

  • 【4】まったくの勘違いで「髪切ったでしょ」

    「『切ってない!』と女友達に激怒されてしまいました」(10代男性)というように、観察力の低さが露呈してしまったケースです。「今日の髪型可愛いね」などの言い方なら、たとえ髪を切っていなくても悪い気にはさせないでしょう。

  • 【5】失恋したばかりなのを知らずに「どうして結婚しないの?」

    「落ち込んでいる女友達を余計に泣かせてしまった」(20代男性)というように、不用意な発言は女性を情緒不安定にさせるかもしれません。20代後半になると「結婚」に対してプレッシャーを感じる女性も多いので、この2文字はNGワードと心得たほうが安全でしょう。

  • 【6】珍しくバッチリメイクの女性に「すっぴんのほうがいい」

    「褒めたつもりだったんだけどな」(10代男性)というように、男性ならではの感覚からの発言は、悪気なく相手を傷つけてしまうかもしれません。「すっぴん『も』かわいいね」などの言い方であれば、褒めたい気持ちがストレートに伝わるのではないでしょうか。

  • 【7】自分を気に入ってくれた女性に「男友達みたい」

    「居心地がいいって意味だったのに…」(20代男性)というように、言葉選びを間違えて、真意が伝わらなかったケースです。たとえ話は理解されにくいので、「居心地がいい」「女子の中で一番仲がいい」など、誤解の余地のない表現を心がけましょう。

  • 【8】昔からの友達に「キレイになったよね(笑)」

    「『バカにしてるの!?』とキレられてびっくり」(20代男性)というように、半笑いで発言すると、どんな褒め言葉も皮肉に聞こえてしまうようです。照れる気持ちもわかりますが、褒めるときには「真剣な顔で」「さりげなく」言うようにしましょう。

  • 【9】香水なのに「線香みたいな匂いだね」

    「言ってから『しまった』と思っても後の祭り…」(20代男性)というように、直感的な感想は失言を引き起こしやすいかもしれません。特に女性の美容やお洒落の分野には、男性には理解できない部分もあるので、よほどの自信がなければ口をつぐんだほうがよさそうです。

「褒めたつもり」「素直に言っただけ」の悪意のない発言が、女性を怒らせてしまうこともあるようです。とはいえ、「そんなつもりじゃない」と言い訳するだけでなく、「誤解させたのは本当に申し訳ない」と謝れば、大抵の女性は許してくれるのではないでしょうか。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock