彼女に「ボーナス額」を詮索されたときのはぐらかし方9パターン

会社の業績や個人の営業成績に左右されるボーナスの額。いくら愛する彼女でも、しつこく聞かれたら不愉快なものです。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼女に『ボーナス額』を詮索されたときのはぐらかし方」をご紹介します。

  • 【1】「ビバリーヒルズに家を建てられるのはまだまだかな」とはぐらかす

    「あまりに突拍子もない設定に、言葉を失ったみたいです」(20代男性)というように、あり得ない仮定を持ち出して、非現実的なたとえ話にすり替える寸法です。「自家用ジェット」「宇宙旅行」といった設定も同様に使えるでしょう。
  • 【2】「結婚資金が貯まるまではヒ・ミ・ツ」と話をそらす

    「『結婚』のほうに気が行ってしまい、ボーナスなんてどうでもよくなったらしい」(20代男性)など、ゴールインをちらつかせて関心をそらす手もあります。ただし、本当に結婚するつもりがあるときのみに限られそうです。