独身女子がムカつく同僚男子の結婚発表9パターン


結婚発表は本来おめでたいものですが、言い方によっては独身女性の反感を買ってしまうこともあります。その場を険悪なムードにしないためには、一体どうすればいいのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「独身女子がムカつく同僚男子の結婚発表」をご紹介します。

  • 【1】「みんな早く幸せになりなよ」と上から目線である

    「『お前に言われたくない!!』と腹が立つ」(20代女性)というように、上から目線で闇雲に人の幸せを願うと、「なんだと!?」と怒りを買ってしまうようです。全能感に満ち溢れているのかもしれませんが、自分の結婚については淡々と発表するにとどめましょう。

  • 【2】「彼女が結婚してってうるさくて」と渋々感を出す

    「『偉そうに言うな!』と言いたい」(20代女性)というように、照れ隠しからの発言も、独身女子にとっては腹立たしいだけかもしれません。「頼み込んで結婚してもらった」とでも言っておいたほうが、その場が丸く収まるのではないでしょうか。

  • 【3】「既婚者のほうがモテるらしいし」と軽口を叩く

    「ただただ不真面目だと思う」(20代女性)というように、結婚をなめたようなチャラい発言をすると、真面目な女性陣を敵に回してしまうかもしれません。過去の行いがどうあれ、「一筋で頑張ります」と宣言したほうが好感度は高いでしょう。

  • 【4】「子ども作るなら限界だと思った」とデリケートな話題に触れる

    「ほしくてもできない人もいるんだし…」(30代女性)というように、出産は繊細な話題なので、軽々しく口にしないほうがよさそうです。「10人くらいほしいから、そろそろ一人目は作っておかないと」などの言い方なら、誰にとっても微笑ましいのではないでしょうか。

  • 【5】「ご祝儀多めにお願いね」と調子に乗る

    「『調子に乗りすぎ!』とツッコみました」(20代女性)というように、浮かれた発言も度を超すと批判の対象になりそうです。ご祝儀をケチる人はほとんどいないので、「みなさん結婚式には来てくださいよ」と普通にお誘いをかけましょう。

  • 【6】「そろそろしないとヤバイでしょ」と年上女子を刺激する

    「あなたより年上の女性もいるんですけど?と怒鳴りつけたくなります」(30代女性)というように、わざわざ年齢に触れる発言は、特にアラサー以上の女性を怒らせるようです。どんな言い方をしても角が立つので、結婚の話題と年齢の組み合わせが最悪だということだけは覚えておきましょう。

  • 【7】「結婚してはじめて一人前の人間」と説教モードに入る

    「結婚が決まったからって、他人に説教するなんて最低!」(20代女性)というように、結婚に関して偉そうな物言いをすると、「何様なの?」と思われてしまうかもしれません。人生の先輩になったつもりかもしれませんが、思い上がるのはほどほどにしたほうがよさそうです。

  • 【8】「残りの独身生活は遊びます」と不謹慎な宣言をする

    「結婚を何だと思ってるんだと言いたい」(20代女性)というように、独身生活をよくない方法で満喫しようとすると、女性陣からのブーイングは避けられないようです。ただし、独身男子に対しての結婚発表なら、問題ないのではないでしょうか。

  • 【9】「とびきりの美人なんですよ」と思い切りのろける

    「正直、面白くないです」(20代女性)というように、ある程度は仕方のないことだと思いつつも、「のろけ」を気分よく聞ける人は少ないようです。多少の自慢は構いませんが、同僚女子の評価を気にするなら控えめにするのが吉でしょう。

結婚発表は誰からも祝福されるべきものですが、不用意な発言をすると一気にムードが悪くなってしまうようです。自分が幸せだと他人の気持ちに鈍感になりがちなので、発言には十分気をつけましょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock