愛しさ倍増!母性本能をくすぐられた「彼氏の弱み」9パターン


漢(おとこ)なら、愛する女の前でカッコ悪い姿をさらすことなどもってのほかでしょう。しかし実は、それこそが彼女の萌えポイントを刺激している場合もあるので、あえて「見せる」のもありかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「愛しさ倍増!母性本能をくすぐられた『彼氏の弱み』」をご紹介します。

  • 【1】特定のぬいぐるみと一緒に寝ないと安心できない

    「いまだにクマのぬいぐるみと寝てるって…大の男がカワイイですよね」(20代女性)というように、いい歳をして小さい頃の思い出の品がないと安心できないパターンです。しかし、世話焼きの彼女の場合、「こんなの卒業しないとダメ!」と勝手に捨ててしまうかもしれないので、相手のタイプを見極めてから暴露しましょう。