貧乏男子が言っても強がりだと思われる「きれいごと」9パターン

愛情はお金では買えません。とはいえ、ボンビーメンが語る「セレブ批判」や「崇高な思想」が女性をイライラさせてしまうことがあるのも確かです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「貧乏男子が言っても強がりだと思われる『きれいごと』」をご紹介いたします。

  • 【1】「お金より愛が大事!」と、すぐにお金と何かを比べる

    「『持たざる者』に言われても重みがない…」(20代女性)というように、貧乏男子がお金を持ち出してスケールの大きい比較論を語ってもスルーされるのがオチのようです。「外食も好きだけど女の子の手料理が最強!」などと、実感にあふれた言葉で愛をアピールしましょう。
  • 【2】「気持ちを重視したかったから」と、手作りのプレゼントを過大評価する

    「『お金がなかったから』を自分本位に言い換えてるだけ?」(10代女性)など、贈り物は「気持ち重視」が当たり前なので、ことさらにそこを強調しても、相手を白けさせてしまうようです。シンプルに完成までのストーリーを語るだけで、女子はちゃんとその価値をわかってくれるでしょう。