察してよ!あえて遠回しに伝えている「デートの断り文句」9パターン

デートに誘ったときのリアクションから、脈の有無はわかりそうなもの。とはいえ、なかには相手を傷つけまいとして、あえてオブラートに包んだ言い方をする女の子もいるので、注意深く本音を探ったほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性71名に聞いたアンケートを参考に「察してよ!あえて遠回しに伝えている『デートの断り文句』」をご紹介します。

  • 【1】「最近、疲れ気味で…」と、体調不良をほのめかす

    「デートは無理だけど、嫌われたくない相手に使います」(20代女性)というように、体調を理由に断るパターンです。休日のたびに具合が悪いとは考えにくいので、毎度同じ手を使われたら、自分を傷つけないための「優しいウソ」だと判断していいかもしれません。