誘ってくれた男性を傷つけないために使う「優しいウソ」9パターン

デートに誘われても、気が進まない相手だと、適当な理由を挙げて断ってしまう女性は多いようです。では、どんな「用事」が目くらましとして使われやすいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性87名に聞いたアンケートを参考に、「誘ってくれた男性を傷つけないために使う『優しいウソ』」をご紹介します。

  • 【1】使い勝手のいい断り文句「その日はバイトが入っていて…」

    「仮にバイトと重なってたとしても、好きな人に誘われたら休んじゃいますよ(笑)」(10代女性)というように、一見普通の理由のように見える「アルバイト」も、ていのいい断り文句にしているだけかもしれません。「じゃあほかの日は?」と尋ねて答えを濁されたら、一度身を引いて作戦を練ったほうがいいでしょう。