彼氏にデート代をケチられたときの女性の気持ち9パターン

人間として堅実に生きていく上で、お金の節約はとても大切です。しかし、ケチりどころを誤ってしまうと、彼女との関係に暗雲が立ち込めてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性81名に聞いたアンケート調査を参考に「彼氏にデート代をケチられたときの女性の気持ち」をご紹介いたします。

  • 【1】「結婚してもケチなのかな」と、将来が心配になる

    「釣った魚には餌をやらないタイプ?家族になったら一段と手を抜かれそう」(20代女性)というように、ケチな行動が油断や慢心として受け取られるパターンです。「家を買うために貯金してる」などと節約の理由を明確にすれば、明るい未来を想像してもらえるのではないでしょうか。