「食べ物の好き嫌いが多すぎる男」に抱く女子の本音9パターン

食事の席をともにすれば、女性との距離はグッと縮まるもの。とはいえ、そこで失点を重ねてしまうと、むしろ好感度を下げてしまう危険さえあるようです。今回は、10代から20代の独身女性77名に聞いたアンケートを参考に、「『食べ物の好き嫌いが多すぎる男』に抱く女子の本音」をご紹介します。

  • 【1】「お子ちゃまですか!?」とグリーンピースをいちいち取りわける姿にがっくりする

    「見た目も良くないし、一緒にいる自分まで恥ずかしい!」(10代女性)というように、苦手なものを避けるちまちました食べ方に嫌悪感を隠せない女性は多いようです。どうしてもダメならさりげなく皿の端に寄せるなど、目立たないように処理しましょう。