諦めきれずにやってしまった「バレンタイン当日の悪あがき」9パターン

男性にとっては一大イベントであるバレンタイン。「収穫0」を回避したくて、無駄な努力を重ねてしまう人も多いようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性82名に聞いたアンケートを参考に、「諦めきれずにやってしまった『バレンタイン当日の悪あがき』」をご紹介します。

  • 【1】用もないのにかなり遅い時間まで教室に居残った

    「誰も本当の目的を言わないまま、男同士でだべってたら、そのまま日が暮れてしまった(笑)」(20代男性)というように、チョコ0個の状態で下校したくなくて、いつまでも学校に留まり続けるパターンです。女子が全員帰宅してからでは何も望めないので、ある程度のところで見切りを付けたほうがいいでしょう。