義理チョコをあげたつもりの男子が「本命」になった展開9パターン

「気になる女子からもらったチョコが明らかに『義理』だった」としたら、ガッカリして再起不能になりそうですが、そこで諦めてはいけません。「義理チョコをあげた男子と結局付き合ってしまった」という女子は意外と多いようなのです。そこで今回は、10代から20代の独身女性80名に聞いたアンケート調査を参考に「義理チョコをあげたつもりの男子が『本命』になった展開」をご紹介します。

  • 【1】思いのほか喜んでくれたので、胸キュンして付き合ってしまった

    「喜ぶ姿が可愛らしくて、そんなに私のことが好きなのかと感激した」(20代女性)というように、リアクションの愛らしさが決め手となったパターンです。「このパッケージだと義理だな…」と思ってもしっかり喜びを表現するとよいでしょう。