自慰行為あるある!男なら誰でも共感のオナニー失敗談9パターン

男子ならば思春期より数え切れないほどのオナニーを経験してきたのではないでしょうか。それほどの数をこなしていれば、失敗談も一つや二つではおさまらないはずです。そこで今回は20代から30代の独身男性に聞いた『スゴレン』独自の調査を参考に、「女子禁制の丸秘トーク!男なら誰でも共感のオナニー失敗談」をご紹介します。

  • 【1】突然、母親にドアを開けられて見つかってしまう

    「気が付いたら背後に立ってて…あれは血の気が引きました」(30代男性)というように、オナニーを母親などの肉親に見つかってしまった経験のある男性は多いようです。偶然を装っていますが、母親は音もなく入室しているケースが多いため、自分の息子が自慰行為をしていることを知っているうえで入ってきているのかもしれません。