年始から華麗に既読スルーされる「あけおめLINE」9パターン

  • 【8】とても最後まで読む気になれない「長文」

    「一言でいいのに…とうんざりします」(20代女性)というように、長ったらしい新年の挨拶は、あまり歓迎されないようです。読み飛ばされてしまわないように、一言、二言くらいのメッセージの中に想いを詰め込みましょう。