思わず笑ってOKしてしまう「クリスマスの誘い文句」9パターン

「今年のクリスマスはどうしても一人で過ごしたくない!」というのなら、最後の最後に捨て身のアプローチを試みてはいかがでしょうか。必死すぎる姿をさらけだせば、思わず女の子も「ウン」と頷いてくれるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「思わず笑ってOKしてしまう『クリスマスの誘い文句』」をご紹介します。

  • 【1】「この季節、すげえさみしいぃんだよぉぉ!」とセキララな本音をぶちまける

    「『私でよかったら相手してあげるよ』と母性本能が働きます(笑)」(20代女性)というように、プライドを捨てて寂しさを叫ぶパターンです。SNSに「俺だってケーキ食ったり、手をつないで歩いたりしたい!」などと書き殴るのも目を引くでしょう。