彼女には理解されにくい「夜のお付き合い」のうまい言い訳9パターン

彼氏がキャバクラなど「夜のお店」に行くのを嫌がる女性は多いもの。とはいえ、仕事や友達付き合いの関係で行かずにいられない場合は、どんな言い訳をすると許してもらえるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性117名に聞いたアンケートを参考に「彼女には理解されにくい『夜のお付き合い』のうまい言い訳」をご紹介します。

  • 【1】「先輩が酔っ払って大変だったよ」とハプニングを語る

    「楽しんできたわけじゃないなら許してもいいかな」(20代女性)というように、「夜のお店に行って散々な目に遭った」とアピールすることで、「自分だけ楽しみやがって!」という不満をガス抜きする作戦です。嘘も方便と思って、少し大げさに語ってはいかがでしょうか。