和気あいあいとした雰囲気を台無しにする「迷惑な鍋奉行」9パターン

  • 【7】「和牛ばかりが良い肉とは限らない」とウンチクばかり言いたがる

    「あいづちを打つのに忙しくて、鍋に集中できなかった」(20代女性)など、空気を読まずに豊富な知識を披露しようとして、鬱陶しがられる失敗例です。どうしても講釈をたれたければ、食後のデザートまで待ちましょう。