和気あいあいとした雰囲気を台無しにする「迷惑な鍋奉行」9パターン

気の合う仲間と鍋を囲むのが楽しい季節。とくに気になる女性が参加する鍋パーティーでは、つい張り切りたくなるものですが、和やかなムードをぶち壊しにしないためには、やりすぎに注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性116名に聞いたアンケートを参考に「和気あいあいとした雰囲気を台無しにする『迷惑な鍋奉行』」をご紹介します。

  • 【1】「触るな!」とほかの人に鍋をいじらせない

    「鍋の前に通せんぼしてるみたいに陣取ってて、みんな困ってます」(20代女性)というように、あまりにすべてを仕切りたがると、煙たがられてしまいそうです。せめて、参加メンバーの誰もが鍋をつつけるように配慮するのが、真の鍋奉行でしょう。