テンパり厳禁!ラブホ難民になったときに使える言動9パターン

デートの締めくくりにラブホテルに入ろうとしても、週末だとどこも空室がなく、ラブホ難民となってしまうことは少なくありません。そんな気まずい瞬間に、男性はどのような言動を取れば女性への心証をよくすることができるのでしょうか。そこで、今回は20代、30代の女性に聞いたアンケートを元に「テンパり厳禁!ラブホ難民になったときに使える言動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「歩かせちゃってごめんね」と相手を気遣う

    「こっちはヒールを履いてるのに、自分だけどんどん先に歩いちゃう男は心遣いがなってない」(20代女性)というように、早く空室のあるホテルを見つけたいあまり、女性の体をないがしろにしてしまうのはよくありません。言葉をかけるのはもちろんですが、相手のバッグを持ってあげるなどして女性の負担を軽くするよう心掛けるといいかもしれません。
  • 【2】「みんな考えることは一緒だね」などと言って場を和ませる

    「確かにその通りだから、歩かされる不満もやわらぐ」(30代女性)と、間を持たせる何気ない発言も女性にイライラを起こさせない上では重要なようです。「この人たちもみんな入れたんだから、俺たちだってそのうち入れるよ」と言ってあげると、お互い前向きな気分でホテル探しを再開できるのではないでしょうか。