彼女の「○○すぎる」手料理への上手なクレーム9パターン

  • 【2】量が少なすぎる料理に「めちゃめちゃウマイ!おかわりないの?」

    「『おいしい!もっと食べたい!』って褒めまくったら、むしろ喜ばれるかも」(10代男性)というように、「味の良さ」を強調して、量に対する不満をカモフラージュする方法です。実はそれほどおいしくなくても、高めのテンションで相手を乗せてしまいましょう。