彼女の「○○すぎる」手料理への上手なクレーム9パターン

彼女が一生懸命作ってくれた料理には、なかなか文句を言えないもの。とはいえ、極端に量が多すぎたり味が濃すぎたりするなら、機嫌を損ねない上手な言い方で、要望を伝える必要があるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性141名に聞いたアンケートを参考に「彼女の『○○すぎる』手料理への上手なクレーム」をご紹介します。

  • 【1】量が多すぎる料理に「こんなに食べたら幸せ太りしてまうやろー!」

    「あくまでホクホク顔で『これは多すぎだよお』と困ってみせる!」(20代男性)というように、食べ切れないほどの料理を前に「嬉しい悲鳴」をあげる方法です。「幸せ太り」などのポジティブな言い回しを使えば、クレームっぽさはさらに薄まりそうです。