元カノに「復縁したいの?」と察してもらう接近法9パターン


元カノとの「復縁」を願っていても、一度は別れている以上、いきなり極端な再アプローチはしづらいもの。さりげなくこちらの気持ちを匂わせて、じりじりと距離を詰めていくのがよさそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性95名に聞いたアンケートを参考に、「元カノに『復縁したいの?』と察してもらう接近法」をご紹介します。

  • 【1】メールやLINEで気軽に近況報告し、徐々に間隔を短くしていく

    「雑談的な連絡が増えると、また仲良くしたいのかなと感じる」(20代女性)というように、「友達として」の会話でも、連絡の頻度が増えると元カノに「復縁」を意識させることができるようです。さりげなく恋愛話を振ってみて、反応を確かめてもよさそうです。

  • 【2】元カノの誕生日になった深夜0時にお祝いメッセージを送る

    「意外性があってドキッとする。覚えててくれてたことは素直に嬉しい」(20代女性)というように、元カノの誕生日にいち早く祝福のメッセージを送ると「特別な想い」を伝えられるようです。それをきっかけに交流を再開するのもひとつの手でしょう。

  • 【3】「あのときは自分が悪かった」と反省し、改善していることを伝える

    「許せるかどうかは別として、成長しようとしているんだなとは思う」(20代女性)というように、かつて別れた原因について改めて謝罪するのも、元カノに「復縁」を匂わせられるようです。ただし、口先だけだと思われないように、具体的な改善策を示す必要があるでしょう。

  • 【4】定期的に連絡をとり「今楽しい?」「好きな人できた?」と聞く

    「探りを入れてきてるなーって感じる(笑)。ある意味わかりやすい」(10代女性)というように、元カノの恋愛状況について質問すると、再アタックの可能性を探れるようです。「今はいないよ」などのフリー宣言が返ってきたら、復縁のチャンスはありそうです。

  • 【5】「君といたときが一番幸せだった」と楽しかった思い出を振り返る

    「よかった頃の思い出話をされると、多少はしんみりした気分になる」(20代女性)というように、かつての思い出話を「特別な記憶」として美化して語ると、元カノの感情を刺激できるようです。「一番」の部分を強調すれば、復縁を強く意識させられるでしょう。

  • 【6】共通の友達とグループで遊ぶイベントに誘う

    「友達からやり直したいのかな?という気がする」(10代女性)というように、あえて元カノをグループデートに誘うことで、「初心からやり直したい」という気持ちを匂わす方法です。不自然な集まりにならないよう、メンツは熟慮したほうがいいでしょう。

  • 【7】「久しぶりに声が聞きたくなって」と電話を掛けてみる

    「未練がなかったら絶対言わないセリフでしょ」(20代女性)というように、不意打ち的に「特に用件のない電話」をかけることで、元カノへの想いを仄めかす手もあります。ただし、十分な冷却期間を置いていないと、むしろ相手の怒りを買ってしまうリスクも高そうなので気を付けましょう。

  • 【8】「彼女と別れたよ」と恋愛話を振り、自分が一人であることをアピールする

    「わざわざフリー宣言するって、つまりそういうことだと思う」(20代女性)というように、元カノにわざわざ「彼女がいない」とアピールするのは、わかりやすい復縁アプローチだととらえられるようです。ただし、ほかの女性についてあれこれ喋ると悪印象になりそうなので、具体的に語るのは避けたほうがよさそうです。

  • 【9】「久しぶりに話したいから、二人で会えない?」と食事や飲みに何度も誘う

    「一回なら友達として会うのは普通かも。でも二回目も誘われたら意味が変わる」(20代女性)というように、元カノを何度も食事に誘うと、「懐かしさ」以上の気持ちがあると伝わるようです。相手が誘いに応じてくれるなら、早めに真意を伝えたいところです。

完全に疎遠な状態から復縁するのは難しいもの。こまめに連絡を取ることで、元カノの警戒心を解くことからはじめるとよさそうです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2015年4月10日から17日まで
対象:合計95名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock