「ほっとけ!」とキレることなく親の結婚圧力をかわす方法9パターン

実家に帰るたびに、親から「結婚は?」「いい人いないの?」などと詮索されるのはうっとうしいもの。なるべく波風を立てずにやり過ごすことができれば、それに越したことはありません。そこで今回は、インターネットユーザーの独身男性293名に聞いたアンケートを参考に「『ほっとけ!』とキレることなく親の結婚圧力をかわす方法」をご紹介します。

  • 【1】「彼女はいるけど、もう少し待ってて」とひとまず安心させる

    「次の帰省時に『どうなった?』と聞かれたら、『別れた』と答えればOK。しばらくほっておいてもらえる」(20代男性)というように、適当な嘘でとりあえず話を終わらせる作戦です。ただし、嘘がバレると後々面倒なので、話を合わせる努力が求められるでしょう。