男にはわかりづらい「浴衣女子がやめてほしいこと」9パターン

浴衣姿の彼女と一緒に、花火大会や夏祭り会場をそぞろ歩く。デートとして最高のシチュエーションですが、ここで一歩踏み込んだ気配りがないと、怒りを買ってしまう危険があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性314名に聞いたアンケート調査を参考に「男にはわかりづらい『浴衣女子がやめてほしいこと』」をご紹介します。

  • 【1】浴衣と並ぶにはあまりにもミスマッチな格好でやって来る

    「別に浴衣を着てとまでは言わないけど、ヘビメタTシャツで来た日は引いた」(20代女性)というように、あまりにも浴衣とバランスが取れないファッションで現れるのは、配慮に欠けているようです。少しでも彼女の気持ちに寄り添うなら、リーズナブルな甚兵衛などを着るとよいでしょう。