愛を深める!彼女の手料理への最上級のリアクション9パターン

手料理を作ってくれた彼女に対して、無神経な態度を取って怒らせてしまった経験はありませんか。味への細かい評価より、「自分のために料理してくれた」という行為そのものへの感謝の気持ちが足りないと、愛想を尽かされてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性406名に聞いたアンケートを参考に「愛を深める!彼女の手料理への最上級のリアクション」をご紹介いたします。

  • 【1】「俺が今日ハンバーグ食べたいって知ってたの?」と、提示されたメニューを喜ぶ

    「『それ食べたかった』とか言われると気合いが入りますね(笑)」(20代女性)というように、彼女が考えたメニューを大げさに歓迎すると、ノリノリで台所に向かってもらえそうです。「食への感覚が似てるよね」などと相性の良さをアピールすれば、絆が深まるでしょう。