夏デートで汗だくの女性を怒らせる無神経なフォロー9パターン

夏のデートなら、女性が汗だくで現れるのはやむを得ないこと。からかったり非難するのは論外としても、親切のつもりで掛けた言葉のせいで、「デリカシーがなさすぎる!」と怒りを買うケースもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性310名に聞いたアンケートを参考に「夏デートで汗だくの女性を怒らせる無神経なフォロー」をご紹介します。

  • 【1】「ちょっ、お前ワキ汗が…」と言いにくそうに口をつむぐ

    「言いかけて黙るのはナシ!余計気になる!」(10代女性)というように、汗の問題を「触れてはいけないこと」のように繊細に扱うと、かえって落ち着かない気分にさせてしまうようです。心中を読み取られないよう、表情にも細心の注意を払いましょう。
  • 【2】「こう暑いととめどなく流れるよね」とそれとなく汗の量を知らせる

    「彼氏は涼しい顔をしてたから、私の汗のことを言ってたのは明らか。そんなすごい!?と不安になった」(20代女性)というように、大量発汗を「仕方のないこと」と強調しても、慰めにはならないようです。とはいえ、ふたりとも汗だくなら「ほんとだね!」などと一緒に笑い合えそうです。