存在感の薄いフツメンを男として意識した「短冊の願い事」9パターン

お正月の絵馬と同じく、七夕の短冊に書く「願い事」は、第三者の目に触れることを忘れてはなりません。裏を返すと、普段は地味な男子にとっては、内に秘めた熱さをアピールできる貴重なチャンスだともいえそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性336名に聞いたアンケートを参考に「存在感の薄いフツメンを男として意識した『短冊の願い事』」をご紹介いたします。

  • 【1】「ここに飾られた願い事がすべて叶いますように」と、皆の短冊を気遣う

    「男性としての大きな包容力を感じる」(20代女性)というように、他者の願いを優先すれば、器の大きさをアピールできるようです。「個人的な願いは自力で叶えるから」などと内に秘めた自信を見せれば、さらに頼もしさを演出できるのではないでしょうか。
  • 【2】「天下布武!」と、野心家の一面を見せる

    「実は熱い男だったのかとドキッとする」(20代女性)というように、威勢の良さと目標の高さをにおわせれば、女性からの見る目が変わるかもしれません。「30歳までに社長になりたいんだ」などと具体的なビジョンを補足すれば、気まぐれで書いたと思われずに済むでしょう。