お店でそれは恥ずかしい!好き嫌いの多い彼氏の問題行動9パターン

一緒に食事を楽しむことで、距離が縮まる外食ですが、好き嫌いが多すぎる男性は、彼女を微妙な気持ちにさせてしまうことがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性436名に聞いたアンケートを参考に、「お店でそれは恥ずかしい!好き嫌いの多い彼氏の問題行動」をご紹介します。

  • 【1】嫌いな食べ物が多すぎて、なかなか注文を決められない

    「メニューとにらめっこ…こっちはおなかペコペコなのに!」(10代女性)というように、苦手食材を避けるのに必死でオーダーを決められず、空腹の彼女をうんざりさせるケースです。「ファミレスではオムライス」など、自分なりの定番を決めておくといいかもしれません。