豪快さが命!彼女をホレボレさせる「男の手料理」の作法9パターン

彼女のために料理を作るなら、いかに「男の色気」を演出できるかがカギになるようです。調理中の姿がかっこよければ、完成品が多少マズくても惚れ直してもらえるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性336名に聞いたアンケートを参考に「豪快さが命!彼女をホレボレさせる『男の手料理』の作法」をご紹介いたします。

  • 【1】包丁を使わず、野菜を素手で豪快にちぎる

    「大胆すぎて、見ていて清々しい気分になった」(20代女性)というように、「素手切り」には「華麗な包丁さばき」を上回るインパクトがあるようです。「洗い物を減らせるし」などと、単なる手抜きではないことを匂わせれば、逆に感心されるかもしれません。