強引なのについOKしたくなる…女心に響くデートの誘い方9パターン


さほど親しくない間柄の女性をデートに誘うのは難しいもの。控えめすぎて伝わらないより、「強引だけど、断れない」という力技で押しまくるのが吉かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性382名に聞いたアンケートを参考に「強引なのについOKしたくなる…女心に響くデートの誘い方」をご紹介します。

  • 【1】落ち込んでいるときに「気分転換にカラオケ行くぞ!」

    「仕事のミスでむしゃくしゃしてたので、『待ってました!』という感じでした」(20代女性)というように、テンションが低いときには、ストレスを発散できるような提案が歓迎されるようです。歌う、身体を動かすなど、相手の好みに応じた企画を立てると良いでしょう。

  • 【2】気の張る仕事が終わったあとの「こういうときは一杯行くべし!」

    「イベントが終了してホッとしていたので、軽い気持ちで応じられた」(20代女性)など、仕事が一段落したタイミングなら、飲みの誘いも打ち上げ感覚で気軽に受け止めてもらえそうです。同じ職場の女性を誘う際には、大いに検討する価値があるでしょう。

  • 【3】好みをきちんと調べた上で「好きそうな店を見つけたんだけど」

    「『気に入ると思うんだ』と確信に満ちた顔で言われたら、どんなとこ?って思いますよね(笑)」(10代女性)というように、女性の趣味趣向にバッチリ合わせたチョイスで興味をそそる作戦です。この場合、少しでもダメな点があると台無しなので、念入りなリサーチを怠らないようにしましょう。

  • 【4】魅力的なライブのレアチケットを入手して「1枚余ってるから行かない?」

    「『あのサマーフェスに行ける!』って有頂天になりました!」(10代女性)など、人気のイベントに釣られる女性も少なくありません。まずは相手が喜びそうなチケットを手に入れるところから準備を始めましょう。

  • 【5】予定が空いていることを確かめてから「じゃあデートしようよ」

    「暇なのがバレてるから、さすがに断りにくかった(笑)」(20代女性)というように、スケジュールを押さえてからデートを提案するという、少し高度な駆け引きです。とはいえ、あまりに性急に事を運んでしまうのも失礼なので、さじ加減は考えましょう。

  • 【6】旬の食材で釣る「天然鮎を食べに行こう!」

    「おいしそうだし、ずるずる先延ばしにもできなくて」(20代女性)など、期間が限定された誘いは、女性の重い腰を上げやすくするようです。その季節に応じた魅力的な提案ができるように、日ごろからアンテナを張っておくと良いかもしれません。

  • 【7】酒飲み女子にはたまらない「レアな地酒を置いてる店を紹介するよ」

    「『お前に呑ませたい酒がある』と言われると、行かないわけにはいかなくなる」(20代女性)というように、女性の嗜好をピンポイントに狙う戦術です。普段からコミュニケーションを取って、相手に響きそうなツボを押さえておきましょう。

  • 【8】時間を刻むことで受け入れやすくする「1時間だけ付き合って」

    「『1時間ならいいか』と応じて、結局3時間になったけど(笑)」(20代女性)など、ごく短時間で済むと先に断ることで、女性の抵抗を少なくするのもアリでしょう。あまり盛り上がらなかった場合は、しつこくならないように、1時間で潔く引く覚悟が必要かもしれません。

  • 【9】一緒に出掛ける口実を設ける「送別会の店を決めるのを手伝ってほしい」

    「『女性受けする店のチョイスに自信がない』とか、あまりに謙虚な態度なので、つい『いいよ』と言ってしまった」(20代女性)というように、低姿勢に教えを乞うスタンスで、約束を取り付ける方法です。事務的なやりとりはさっさと終えて、ロマンティックなムードに移行できるように計画を練っておきましょう。

すんなりと受け入れてもらえそうな誘い方は、相手の女性のタイプによって違うようです。事前のリサーチを怠らずに、入念に調べてから臨みましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2015年1月8日から15日まで
対象:合計382名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock