漫画と現実は違う!ドン引きされる「顎クイ」失敗例9パターン

女性の顎に手を添えてクイッと持ち上げる「顎クイ」が、乙女心をくすぐる動作として脚光を浴びているようです。とはいえ、映画や漫画とは違い、現実世界で実践するには、細心の注意を払う必要がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性406名に聞いたアンケートを参考に「漫画と現実は違う!ドン引きされる『顎クイ』失敗例」をご紹介いたします。

  • 【1】勢い余って顎を小突き、痛みを与えてしまう

    「慌ててやられても痛いだけ。余裕がないならやらないで!」(10代女性)というように、ソフトタッチで顎を触らないと、女性の反感を買ってしまいます。大きめのワイングラスなどを用意して、事前に繊細かつ大胆な手つきを練習しておきましょう。
  • 【2】意気込みすぎてドスケベ顔で見つめ、不気味に思われてしまう

    「鼻の下を伸ばした顔を近づけられるとキモすぎる」(20代女性)というように、あからさまに下心を匂わせると、女性が一気に冷めてしまいます。クールな表情に自信がなければ、口角を上げて爽やかに微笑むなど、女性の警戒心を解く顔で迫りましょう。