些細なミスでも許されない!誕生日デートのNG行動9パターン

愛する彼女が「この世に生を受けた特別な日」くらい、最高の演出をしてあげたいもの。「期待を裏切られた!」とガッカリされたくなければ、些細な失敗も許されないと思っておいたほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「些細なミスでも許されない!誕生日デートのNG行動」をご紹介いたします。

  • 【1】「これ高かったんだよね」とプレゼントの値段をアピールする

    「プレゼントの値段で愛情を示そうって魂胆がイヤ」(20代女性)というように、自慢するポイントを間違えてガッカリされるパターンです。「街中を探しまわって足にマメができたよ」などと悩んだ時間や努力を匂わせたほうが、喜んでもらえるのではないでしょうか。
  • 【2】道に迷って時間をムダ遣いするなど段取りが悪い

    「まるで罰ゲームのような仕打ち。時間を返してほしくなる」(10代女性)というように、誕生日デートの仕切りの悪さは、いつも以上に減点の対象になります。あらゆるハプニングを想定し、自信を持って彼女をエスコートできるように準備しておきましょう。