イケメンじゃなくても「壁ドン」を使いこなすための心得9パターン

相手を壁際に追いつめて、壁に手をつく「壁ドン」。女性が憧れるシチュエーションとして大ブレイクしたものの、超絶イケメンではない普通の男子がドラマや少女漫画のマネをしても、ドン引きされかねません。そこで今回は、10代から20代の独身女性148名に聞いたアンケートを参考に「イケメンじゃなくても『壁ドン』を使いこなすための心得」をご紹介いたします。

  • 【1】事前に口臭や鼻毛のチェックをして、接近戦対策をしておく

    「上司に壁ドンされたとき、加齢臭がして不快でしかなかった」(20代女性)というように、清潔感が失われた状態では、女性を魅了するのは難しいもの。ニオイのケアはもちろん、シワひとつないスーツで挑むなど、せめて雰囲気だけでもイケメンに近づけておきましょう。