短くてもOK!LINEで彼女を喜ばせるワンフレーズ9パターン

カップル同士のやり取りに便利なLINEですが、「気の利いた文が書けない」といった理由から、苦手意識を持つ男性は少なくありません。短文でも彼女を喜ばせるには、どんなポイントを押さえればいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「短くてもOK!LINEで彼女を喜ばせるワンフレーズ」をご紹介します。

  • 【1】試験前など、ここ一番のときに背中を押してくれる「頑張れ!」

    「不安なときに応援してくれるのってすごく嬉しい」(10代女性)というように、緊張している彼女を勇気づけるメッセージは、短くても強い印象を残すようです。試験本番の1時間前など、不安がピークに達しそうなタイミングで送ると、ありがたみが増すでしょう。
  • 【2】3日続けて会えなかった夜にポツリと一言「声が聞きたい」

    「ぶっきらぼうに甘えてる感じがたまらない」(20代女性)というように、文字のやり取りだけでは満たされない想いを素直に伝える一言は、彼女に「愛されている実感」を与えるようです。直後に電話をかけて「おやすみ」と告げれば、自分の存在の大きさをかみしめてもらえるでしょう。