その頑張りは逆効果?彼氏のちょっとズレた気遣い9パターン

  • 【3】好みにできるだけ合わせようと思い、「どこ行きたい?何食べたい?」

    「なんでもかんでも聞かないで。ご機嫌取りみたい」(20代女性)というように、彼女の期待に応えたいあまりにデートの主導権を預けてしまうと、「情けない男」と思われてしまうようです。彼女を気遣いつつも、最後まで自分がリードする気概は忘れてはいけないでしょう。