その頑張りは逆効果?彼氏のちょっとズレた気遣い9パターン

彼女を喜ばせたい一心だったはずが、「的外れ」だと思われると、むしろマイナスの印象を与えてしまうもの。好意のすれ違いにならないよう、女心をよく理解したいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「その頑張りは逆効果?彼氏のちょっとズレた気遣い」をご紹介します。

  • 【1】素直に褒めたつもりがイヤミに取られる、「今日の化粧いいね!」

    「引っかかる褒め方。普段はダメってこと?」(20代女性)というように、「限定的なセリフ」を選んだせいで、その裏を深読みされてしまったケースです。「今日は一段とかわいいね!」などと、余計な含みをもたせず絶賛するほうが喜ばれるでしょう。