「義理チョコあげようかな」と思わせる直前おねだりトーク9パターン

「彼女がいないから仕方がない」と割り切ったつもりでも、バレンタインにもらえるチョコの数がゼロではさみしくなってしまうもの。義理チョコを一つでもゲットできれば、少なくとも幸せそうなカップルを憎悪する気持ちは消えるでしょう。そこで今回は10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『義理チョコあげようかな』と思わせる直前おねだりトーク」をご紹介します。

  • 【1】「○○ちゃんのチョコがほしいな!」と直球でお願いする

    「名指しでこられたらちょっと断れないでしょ」(10代女性)というように、仲のいい女の子に、素直に頼んでしまうパターンです。ただし、「○○ちゃんの」と指名するからには、複数にお願いすると「数を集めたいだけでしょ!」と女性陣の反感を買うので、気を付けましょう。